top of page

くせ毛と向き合う

僕は今までの人生、自分自身の

くせ毛と向き合ってきました。


お洒落に関心を持ちはじめたのは

比較的早く小学校中学年くらいの時だと思います。


当時、KinKi Kidsの堂本光一くんやTOKIOの長瀬智也くん

などイケメンはサラサラのロン毛!みたいな風潮がありました。



その時に気づいたんです。


なんだか自分の髪の毛はうねっていてゴワゴワ。

風に吹かれてもサラサラとなびかないと。



友だちはサラサラの子もいて

意識はしてないと思うのですがそれだけで

ジャニーズ系みたいな雰囲気を醸し出していました。



そのことが凄く羨ましかったと同時に

自分の髪質にコンプレックスを抱くようになりました。




お泊まり会の時は

寝癖がつかないようにニットキャップをかぶったまま就寝。


中学生になるとお小遣いで市販のストレートパーマをやってみたり


母親のくるくるドライヤーでスタイリングしてみたりと

色々な工夫を重ねました。


高校生になり縮毛矯正というものと出会った時は

自分があの頃の堂本光一くんになれた!!


と猛烈に感動したのを覚えています。笑




現在もまだくせ毛で悩んでいます。


いい加減諦めろよ。と言われそうですが

寝る前に、明日目が覚めたら急にサラサラストレートになってないかなぁ、、。


とふと考えてしまう自分は未だに存在するのです。



それくらいくせ毛であるということは

自分の中の1番のコンプレックスだということです。


この気持ちを共感できる人は

少なくないんじゃないかなぁ、とも思います。



さて

近年、縮毛矯正も急激に進化をしてきています。



東京にいた頃もそうでしたが

福岡に来ても髪質改善、酸性縮毛矯正、ストレートパーマなどの

話は良く耳にします。




美容師的にはすごく面白い内容では

あるのですが



困ったことに

お客様の理解度と美容師側の理解度に

大きな差があるように思えます。



それもそのはず

美容師サイドも人によって髪質改善や酸性ストレートや縮毛矯正のやり方や考え方は

大きく違うんです。




なので多くの美容師がSNSやweb上で

発信しても

お客様は見るものによって解釈が変わってしまうのです。




これは縮毛矯正や髪質改善という

美容師ならではの問題ではないかもしれません。


物事のほとんどが

そのようにさまざまな人の観点によって

大きく異なるのでは無いかと


つくづく思います。





話を戻します。笑



縮毛矯正や髪質改善など

くせ毛に悩む方にアドバイス出来ること


アルカリ、酸性、なんじゃそりゃと

感じている方に僕なりの視点でお話すると




アルカリも中性も酸性も全て必要である。


と思っています。




理由は

髪質と状態、くせの種類も悩みも

本当に人それぞれだからです。




美容師がよくお客様に「良いクセですね」

っていうシーンがあると思うのですが

(絶対悪気は無い)



僕はその言葉でしゅんってなっちゃうお客でした。

このくせ毛に困ってるんだけどだなぁ、、。と



なので

そのお客様の理想像を踏まえた上で


髪のくせ

髪質

髪のカラーやパーマなどの履歴


ダメージ具合


などを考慮して出来ることを考えて

最適なものを提案するべきだと思んです。




もちろんカットだけで

よくなるので有ればそれはそれでOKだと

思いますし



部分的に縮毛矯正が必要なら

ポイントでやるのもアリだと思います。




髪のお悩みは年齢によっても

変わってくると思いますし、今まで無かった

うねりも出てくる場合があります。





元々くせ毛の方

今、くせでお困りの方


なんだかまとまりが悪く感じている方も


出来るだけ解決に導けるように

全力を尽くます。




くせ毛に関して

話すともっともっと細かく、そして長くなってしまうので

今日はこの辺りで、、、。





髪に関するご相談は

official LINE、InstagramのDMから

受け付けております。



お気軽にご相談下さい。










Comments


​ご新規様のご予約は
​公式LINEにて受け付けております

IMG_1857.jpeg
bottom of page