top of page

僕のカットへのこだわり




こんにちは。



福岡天神マンツーマン美容師


橋本明弘です



お客様の髪を扱わせていただく上で


特にこだわりのある技術は


カットです。



お客様は一度カットすると


次、美容室に行くまでの間


そのヘアスタイルで日常を過ごす事になります。




当たり前ですが


嫌なヘアスタイルで毎日鏡を見る

ということは


気分は良く無いですよね。




毎朝、鏡を見るたびに嬉しい気持ちになれる。



自然と、今日も一日良い日にしよう。


と思える。



そんなヘアスタイルが次ご来店いただくまで


続くように。と思い


カットをさせていただいております。








カットはとても繊細な技術だと思っています。



僕がカットする上で大切にしていることを


自分視点で3つにまとめてみました。



 


①ベースカットが命


②最小限のセニング


③正解はお客様の中にある




一つずつ説明します⬇︎






①ベースカットが命



ベースカットとは..

髪が濡れている時に切るカットのこと。

ここの切り方で全てが決まると言っても過言では

ありません。


このベースカットをいかに正確に

きちんと切れるかでお家での再現性や仕上がりが変わります。


また、ベースカットを正確に行うことで

無駄な削ぎ(髪をすくこと)をしなくて良くなります。

削ぎを少なくすることについては②で解説します。





②最小限のセニング



セニングとは


削ぎ、髪をすくことです。


これはセニングする事が悪いと言ってる訳ではありません。



必要以上にセニングをすると


以下のようなデメリットが確実に増えます。



髪のまとまりが悪くなる。


スタイルの再現性が無くなる。


髪がパサつきやすくなる。



こういったことを避けるために

①のベースカットが非常に重要になってきます。







③正解はお客様の中にある




①、②は技術的な部分です。


これに加えて、似合わせや細かいテクニックは

沢山あります。



しかし一番重要なことは技術ではありません。





美容師目線でどんなに素晴らしいヘアスタイルを作っても


お客様が求めているものと大きく違えば


それは素晴らしいヘアスタイルとは言えません。



技術やテクニックは手段で


目的はお客様にご納得いただくヘアスタイル


感動を与えるヘアスタイルだということです。



僕ら美容師は


お客様の心に常に寄り添いながら


ヒアリングし、提案する


そしてそのヘアスタイルを完成させることが


一番大切だと思っています。




上手く切ることはとっても大切ですが


お客様の気持ちを無視することだけは絶対に避けたいと考えています。








もちろんカット以外の

施術にもこだわりをもっていますが


ヘアスタイルを作る上で

カットは無視できない技術だと

思っています。









先日

ご来店いただいたお客様の施術事例をご紹介します。




BEFORE


【 お悩み・ご要望 】


⚪︎髪の量が多い


⚪︎髪のくせが気になる


⚪︎さっぱりショートにしたい




AFTER



スッキリとしつつ


女性らしい丸みを出すカットをしました。



お客様は頭のカタチがすごく綺麗だったので

そのシルエットを活かすこと。



くせも活かしつつ柔らかな毛流れが出るように

質感調整をしました。




20センチほど切ったので

お客様にとって

とてもドキドキした体験だったと

思うのですが


喜んでいただけたので僕としても嬉しかったです




最後までご覧いただき

ありがとうございました。


 


初めてのお客様の

ご予約は

公式LINEにて受け付けております。







橋本明弘

akihiro hashimoto



大分県出身 / 1989年5月15日生まれ


名古屋 2年→東京表参道にて10年サロンワーク

技術教育、撮影、店長経験を経て

2022年 2月に福岡に移住。


⚫︎現在、福岡天神でマンツーマン美容師として活動


⚫︎一人一人に寄り添ったカウンセリング、施術を心がけております。





お店の場所

━━━━━━━━━━━━━━━━━

salon data


《GOTODAY 天神店》


福岡県福岡市中央区天神2-3-37 FPG linksTENJIN 6F


西鉄天神駅 - 徒歩2分

警固公園ビックカメラ②目の前



Comentários


​ご新規様のご予約は
​公式LINEにて受け付けております

IMG_1857.jpeg
bottom of page