top of page

カット理論




こんにちは。



福岡マンツーマン美容師

橋本明弘です。






今日はカットについてのお話です。






美容師さんや美容室によって

カット理論というのは様々なんです。



武道の流派のようなイメージ

習う人やサロンの考え方によって

異なります。



もちろん、そのどれが正解ということは無く

求められるスタイルにする方法は何通りもあるということです。








僕自身

勤めていたお店のオーナーや先輩から教わったカット理論に基づきカットをしていました。






ある時

自社以外のカット理論を学んでみたいと思うようになり

セミナーに参加したり、スクールに通ったり、本や雑誌で勉強するようになりました。



結果としてカットの意味、ヘアデザインを深く知ることにもなりましたし、色んな考え方を知ることが出来てとてもためになったと思います。








僕はカットが好きです。




ほんの少しの質感やバランスが変わるだけで

ヘアスタイルの見え方と扱いやすさは大きく変わります。



そのお客様にフィットするか。


扱いやすいヘアスタイルなのか。


常に最善を考えてカットしています。




美容師業界には本当に沢山

上手な方がいますし、自分もまだまだ上手くなれると思っているので常に上を目指して

勉強し続けていきたいと思っています。





カットがもっと上手くなれば

もっと深い楽しさが分かるはずですし

何よりお客様にとって更に良いものを提供出来ると思うと楽しみで仕方ありません。










重い、軽い、長い、短い





ヘアスタイルには

静と動が存在します。


文字通り動く髪型と動きづらい髪型です。








下の図のように(めっちゃ手書きでごめんなさい笑)





基本的に

重くなればなるほど 静

長くなればなるほど 静



短い、軽いは 動です。




分かりやすい例でいうと




静のヘアスタイルとはワンレングス

(髪の上の長さと下の長さが同じヘアスタイル)

ボブなど。



動のヘアスタイルはレイヤー

(髪の上が短くて下が長くなるヘアスタイル)

ウルフなど。



ですね。






ここを理解し

組み合わせてヘアスタイルを作っていきます。






例えばくせ毛の方に対して

くせを思いっきり活かしたヘアスタイルにする場合。




動きを出したいので

軽くしてあげた方が当然動きが出ます。


逆にくせを目立たせないように

収まりの良いスタイルにしたい時には

ある程度は重くする必要があるということです。





ざっくりと

重さや軽さについて触れましたが

これは一例です。



この理論を組み合わせながら1つのヘアスタイルを作っていくイメージです。





その他にも

後ろ髪から前にかけての角度や

毛量調整、頭とお顔の骨格、毛流など

様々な要素に配慮してカットをしていきます。









   


結局のところヘアスタイルをつくる上で僕は

技術が1番大切だと考えています。






お客様の気持ちを理解し

素晴らしい提案をしたとしても


カタチにならなければ無意味です。





しかし逆も然りで

技術だけあってもお客様の気持ちに寄り添えなければ全く求めていないスタイルを提供することになるのでここも気をつけなければいけません。





つまり

美容師にとって技術もお客様の想いを汲み取る力もどちらも必要不可欠なんです。




どちらもおざなりにならないよう

しっかりと足元を固めていこうと考えています。





最後までご覧いただきありがとうございました。






ご新規のお客様はこちらからご予約を

受け付けております。


《LINE公式アカウント》










橋本明弘

Akihiro Hashimoto




大分県出身 / 1989年5月15日生まれ

 


 

名古屋 2年

東京表参道にて10年サロンワーク

技術教育、撮影、店長経験を経て

2022年 2月に福岡に移住。

福岡天神シェアサロンでマンツーマン美容師として活動中









salon data



《GOTODAY 天神店》


福岡県福岡市中央区天神2-3-37

FPG linksTENJIN 6F


西鉄天神駅 - 徒歩2分

警固公園ビックカメラ②目の前

Bình luận


​ご新規様のご予約は
​公式LINEにて受け付けております

IMG_1857.jpeg
bottom of page